<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

近江八幡左義長まつり  2012.3.18

滋賀県近江八幡市、日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)の左義長まつりに
出かけて来た。普通、左義長まつりは、正月15日前後に行われここの
江戸時代には1月14日・15日に行われていたようであるが、明治時代等での
改正を経て昭和40年代からこの時期になったとのこと。
左義長は松明、ダシ、十二月(赤紙)の3つの部分を一本にし、御輿のように
担ぐように町内の人々の手作りにより、約2ケ月間をかけてその年の干支に因んだ
物を主としてテーマに製作される。また、この素材は穀物、海産物からなっている。
ダシは12基ある。
(近江八幡 左義長のパンフレットから抜粋)
1.ダシの一つ
d0073324_10454097.jpg

2.お祭り広場の様子
d0073324_10463782.jpg

3.お祭り広場に入ったダシは、自分で回った後、他のダシと組合せ(ケンカ)。
d0073324_1052158.jpg

4.勝負あり?
d0073324_10522750.jpg

5.奉火
  昼のお祭り後、夕食の為一旦町内に戻り、夕方、再び戻り、最後は
  奉火でしめくくり。
d0073324_10553932.jpg

[PR]
by kinomukumama1 | 2012-03-27 10:58 | Comments(4)

奈良東大寺二月堂修二会  2012.3.12

奈良東大寺二月堂修二会(しゅにえ)お水取りのお松明を間近で見る機会を得た。

1.二月堂への途中階段から二月堂を望む
d0073324_18112545.jpg

2.二月堂の舞台から
  下方に見える竹は、この日のお松明で11本に火がともされた。
  お松明は、この付近で火をともされ、右側の階段を駆け上ってくる。
  午後2時頃、小雪がちらついた。
d0073324_1815493.jpg

3.お松明
d0073324_18162449.jpg

4.午後6時頃の人々
  お松明へ火がともされるのは午後7時半から。
d0073324_18481264.jpg

5.駆け上がるお松明
  お松明からでる火の粉は、その都度掃き消されていた。
  担ぎ手などの安全のためと思われる。
d0073324_18263194.jpg

6.燃え盛るお松明
d0073324_18272321.jpg

7.降り注ぐ火の粉
d0073324_1828823.jpg

[PR]
by kinomukumama1 | 2012-03-15 18:37 | Comments(4)