京都・滋賀 2010.10.22-24

10月22日から24日、京都・滋賀で楽しんだ。22日は丁度、京都の時代祭
1.時代祭(10月22日)
 時代祭は、平安神宮の創建を奉祝して京都市民をあげて始められた祭で、
 毎年京都の誕生日にあたる平安遷都の日、10月22日に行われている。
 この時代祭は、当初から、京都が日本の首都として千有余年にわたって培って
 きた伝統工芸技術の粋を動く歴史風俗絵巻として内外に披露することを主眼と
 している。このため各時代行列に使用する衣装や祭具の一つ一つが、厳密な
 時代考証をもとに作成された本物ああるところにその特徴がある。
 行列は、明治維新から平安時代へ遡る倒叙法で構成され、現在は、20列、およそ
 2000余名の大行列となっているそうです。(パンフレットから抜粋)
 行列は京都御所を出発し、平安神宮まで行進します。
1.1
d0073324_1763183.jpg

1.2明治維新勤王隊の鼓笛隊
d0073324_1765333.jpg

1.3パンフレット片手に「写心」もまたよしか
d0073324_1772349.jpg

1.4吉野太夫
d0073324_1774639.jpg

1.5沿道の観客に応える石田三成
d0073324_1782050.jpg

1.6牛車の女児も負けずに観客に応える
d0073324_1785427.jpg

1.7平安神宮へ入る行列
d0073324_1792519.jpg

1.8巴御前
d0073324_17101218.jpg

1.9鳳輦
d0073324_1711334.jpg


2.伊吹山 山頂付近の駐車場から(10月23日)
  山頂付近が紅葉しているとのこと、足をのばしてみた。気温14°C
  1週間ほど早かったか。
2.1
d0073324_172061.jpg

2.2
d0073324_17204671.jpg

2.3
d0073324_17211624.jpg


3.びわこ文化公園にて(10月24日)
 滋賀県立近代美術館で白洲正子特別展があり見学、ここも少し紅葉が。
3.1
d0073324_17225749.jpg

3.2
d0073324_17232557.jpg

 
[PR]
by kinomukumama1 | 2010-10-25 17:31 | Comments(6)
Commented by FUKUCHAN at 2010-11-02 08:02 x
しばらくPCから離れていたので訪問が遅くなりました。
これが時代祭ですね。冒頭の解説を見てよく分かりました。
やや地味な感じがしますが、生で見たらきっとすばらしいでしょうね。
紅葉には早いとのことですが、これからの紅葉が期待できそうですね。
Commented by NAO@ at 2010-11-02 11:10 x
FUKUCHANさん、こちらこそ、このところバタバタして
いて皆様のブログを訪問させて頂いていない状況ですみま
せん。時代祭は、小生初めてでしたが、楽しめました。
インターネットで有料席を申し込み、最前列の席が取れた
のは幸運でした。当日渡されたパンフレットを事前によく
読んでおけば、もっと楽しめ、良い写真も撮れたかもしれ
ません。
紅葉、仰るようにこれからが本番ですね。


Commented by ゆき at 2010-11-10 22:27 x
こんばんは。しばらくです。
私も先月の末から宮崎に行ってたので訪問が遅くなりすみません
時代祭りお誘いを受けていたのに伺えずすみませんでした。
2000名もの大行列との事、正に時代絵巻ですね。
一番良い席で撮れただけに顔の表情も良く撮れて祭りの華やかさも良く伝わりました。
紅葉は関西は見所がいっぱいあって忙しくなりそうですね。
紅葉の写真楽しみにしています。
Commented by NAO@ at 2010-11-15 18:26 x
ゆきさん、コメントありがとうございます。ただ、11月8日に母が他界し、
葬儀等でバタバタしていたもので、ご返事が遅れてすみません。
今は、紅葉真っ盛りですね、いつまでもくよくよしていても仕方が
ないので、少しは紅葉を撮ってみようと思っています。
Commented by ゆき at 2010-11-16 22:15 x
お母様がお亡くなりになったとか。心からお悔やみ申し上げます
葬儀の間は忙しくバタバタされていてお母様への思いができなかったのが落ち着いてくると悲しみがつのるものです。
ゆっくり体を休めて風邪等ひかないようお体大切にお過ごしください。
Commented by NAO@ at 2010-11-17 07:34 x
ゆきさん、 お悔みありがとうございます。
父もすでに他界しており、仰るように、これから悲しみが
つのると思いますが、残された我々子供たちは、生身の人間、
悲しみを乗り越えて、行くしかありませんね。
<< 京都紅葉散策   2010.1... いつもの 2010.10.10-11 >>