第52回草津ハイキング  2016.6.4

毎月の歩こう会の他、年数回「草津ハイキング」というのが
あるそうで参加させていただいた。今回は、芦浦街道と呼ばれるところで、道標をアップしてみました。

芦浦道(あしうらみち)は、近世に近江国栗太郡を南北に貫いていた東海道の枝道の一つで、芦浦(現草津市芦浦町)-大江(現大津市大江2丁目東海道合流地点)まで12km前後を言うそうです。(簡単には琵琶湖に沿って草津市を南北に貫く旧道と言う事でしょうか。)明治以降県道となり、芦浦街道と呼称されそうですが、昭和に入ってから、付近の開拓が進み、寸断・分断され地域によって「かんのん道」「せた道」「あなむら道」などと呼ばれるようになったそうです。
昨年は、草津市芦浦町から途中までのハイキングがあったそうで、今年は、途中から大津市までのハイキングでした。また、ハイキングでは、事前に古い文献、市史、町史などを基に色々調査され、
結果をボランティアの方が色々説明してくださいました。
なお、道標は、交通事情等で、当時の場所から移設されたり、古くなって新設されたものがあります。
注)上記説明は、ハイキングのパンフレット、インターネットから引用、加筆修正したものです。
今回は10Km前後歩きました。
1.あなむら道でしょうか。
d0073324_11403468.jpg

2.
d0073324_11404656.jpg

3.
d0073324_1141070.jpg

4.   
d0073324_11411743.jpg

5.
d0073324_11412817.jpg
 
6.道標全体が見えるまで花を傾けると、花が折れそうなのでやめました。
d0073324_11414439.jpg

[PR]
by kinomukumama1 | 2016-06-08 11:46 | Comments(2)
Commented by FUKUCHAN at 2016-06-09 14:06 x
半月も違うと花の様子が全く違ってしまいますね。
一番いい時の花を見るのはなかなか難しいということが
よくわかります。

ただ単に歩くのと違って案内役さんの説明があると
興味も倍増することでしょう。
いい催しですね。
Commented by NAO@ at 2016-06-09 18:13 x
FUKUCHANさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですね、調べれば花の開花時期なんてすぐわかると
思いますが、普段、そんなこと考えていませんので、
今回の場合ハットしました。

まあ、主催者によって目的が違うので、説明があろうと
無かろうと、小生、案内していただくだけですが、
今回の場合、事前に相当調べられたようで、本当に
頭の下がる思いでした。歩行中、他の人から、
「一人では、とてもこんなところに来れない」、
「後日、もっと詳細な地図を渡されても、う~ん、
今日の道をたどれるかな」等の声が聞こえてきました。
<< 万博記念公園にて  2016.6.5 三井寺にて  2016.6.3 >>